【柳川市】蜂の巣駆除事例

「柳川市横山町」キイロスズメバチ駆除

駆除日

2023年4月30日

蜂の種類

キイロスズメバチ

駆除内容

キイロスズメバチの巣駆除

駆除場所

2階の軒下

対応地域

柳川市横山町

駆除料金

今回のケースは、7月頃にご連絡いただいた案件です。土曜日の10時頃に福岡県の柳川市横山町の住居でのハチの巣駆除のご依頼でした。ご依頼者様は普段はこのおうちに住んでいるわけではなく、普段は別の所に住まれているようです。元々ご実家だった柳川市横山町のおうちは現在誰も住んでおらず、手入れのために定期的に訪れて清掃を行っていました。今回も清掃のためにご実感の方を訪れたところ、2階の軒下のところに大きなハチの巣があるのを発見しました。普段から住んでいるわけではないので、即日に対応してくれる業者を探していたところ、弊社のHPを発見してお電話をいただいたようです。電話を受けたオペレーターから、ちょうど次のご依頼者様までに時間があった私に依頼があったので、すぐに現場に向かいました。柳川市横山町へは少し距離があったため、お電話をいただいてから45分程度で到着しました。 まずは、ご依頼者様にご挨拶をさせていただき、現場のハチの巣の場所と状況の確認を行いました。2階のベランダのある窓から見てみたところ、大きな球体の巣があり、飛んでいるハチの姿からキイロスズメバチであることが分かりました。キイロスズメバチは、スズメバチの種類の中では小さなハチですが、非常に攻撃性が高いことで知られています。普段から住まれていないとはいえど、このまま放置してしまうと近所の方のご迷惑になってしまうことも考えられるので、現状をご依頼者様にお伝えしました。同時にお見積もりを提示させていただき、ご納得いただけたので早速作業にかかります。 7月のキイロスズメバチは、活動の最盛期となっていてより凶暴になっている時期です。ご依頼者様には安全なところに退避していただいた上で、当方も防護服に着替えて作業をスタートします。ハチの巣に近付くと、多くのキイロスズメバチが襲い掛かってきますが、いつものことなので丁寧に薬剤を散布して駆除していきます。場所が2階だったので、今回は脚立を使って作業にとりかかります。ある程度巣に近づいた段階で、巣穴に向かって薬剤の散布を行いました。かなりサイズが大きかったため、一定時間の薬剤の噴射が終わった後に、脚立の位置を移動して他の穴からもしっかりと薬剤をまいておきました。ハチがでてこなくなった段階で軒下から巣を切り取り、持ってきたビニール袋に回収したら作業完了となります。 今回のように、人が住んでいなくて劣化が進んでいる場所には、ハチの巣ができやすい傾向があります。その上、普段から誰も見ていないので、気づかない間に巣が大きくなることもあります。この時期のキイロスズメバチはかなり狂暴なので、自分で対処しようとするのではなく、迅速に弊社にご連絡いただけたことで何の被害もなく駆除ができたことがよかったと感じております。このことをお客様にもお伝えしたところ、またこのような被害がないように軒下の修理を行うと言われておりました。

お客様の声 柳川市 F.L様

現在誰も住んでいない柳川市横山町の実家の手入れに訪れたところ、2階の軒下に大きなハチの巣ができていました。今日を逃すとまた半年ほどくることができない可能性があったため、あわててネットで検索して即日に対応してもらえるところを探してご連絡させていただきました。作業後、危険なスズメバチの一種でちょうど狂暴な時期だったということを教えていただきました。お電話をする前に、自分で対処することも考えましたが、プロの方におまかせして本当によかったです

その他のサービス

ページトップへ